マインドマップは望みを映す

魔法のノート術、マインドマップの使用例。

企画立案編 第 3 話

「マインドマップは望みを映す」
私立晶嵐学園あにめ部 もくじ 
キャラ説明
カート
カート
「なんとなく好きなものって言っても出てこないみたいなので、ナナハが作品に望むものを確実に把握するために、マインドマップを描いてみようと思います。」

ナナハ
ナナハ
「にゃ?マインドマップって何?」

カート
カート
「mindmapについては、詳しくはこのへんを読んでほしいんだけど、あらゆることが思い出しやすく覚えやすくなる
「魔法のノートのとりかた」
だよ。発想法、記憶術、ご講演のメモなどなど幅広く応用がきくんで、自己啓発系のひとに人気があったんだけど、最近はふつうのビジネスマンとか大学の先生なんかにもファンが多いみたいだ。」

ナナハ
ナナハ
「ふーーーーーん。よくわかんなーい」

カート
カート
「とりあえず、やってみようか」

カートは模造紙とマジックを取り出しました。
カート
カート
「今回は、「アニメ」のマインドマップにしましょう」

マインドマップ0
カート
カート
「この図を中心に、放射状に、ナナハが思いついた言葉を書いていくよ。
アニメって言葉から思いつくものを言ってみて。とりあえず5,6個」

ナナハ
ナナハ
「うーん、マンガ、ボイドラ、ラノベ......」

カート
カート
「それは、メディアミックス......とか原作ってことばでまとまりそうだね。もっと別の方向のないかな(ぎゅぎゅぎゅ)」

ナナハ
ナナハ
「声優、アニメーター、監督」

カート
カート
「スタッフか。それから?(ぎゅぎゅ)」

ナナハ
ナナハ
「ロボット、ファンタジー、魔法少女、ホラー......」

カート
カート
「ジャンルだね。(ぎゅぎゅぎゅ)それからそれから......」



カート
カート
「ほんとは回りの太い枝を先に出して、あとから末節を考えていくのが推奨されてるんだけどね。ナナハは初めてだし、どっちでもいいや。これを見て、もっと思いつくことない?」

ナナハ
ナナハ
「えーと......声優さんの名前とか......」

カート
カート
「それでもいいよ。思いつかなくなるまでどぞ」



ナナハ
ナナハ
「もー、つかれたー。おもいつかなーい」

カート
カート
「......わかってきたね。ナナハのアニメに対する認識が」

マインドマップ
カート
カート
「声優さんの名前と、武器の分類、魔法の種類、それに銀髪キャラに関することがらがやけに詳しいし言ってて楽しそうだったんだよ。それに対して、絵のほうは、キャラデザのひと以外、わりとどうでもよさそうだね」

ナナハ
ナナハ
「そ、そうなのかなぁ」

カート
カート
「傾向はわかったから、これくらいでいいや。さて......」

......
............
カート
カート
「さて、検討の結果、ナナハさんのつくりたいのは、「銀髪剣士がかっこいいアニメ」だということがわかりました。」

ナナハ
ナナハ
「その通りでーす!」

カート
カート
「これが、今回のアニメのコンセプトになるね。
「少年の成長物語」とか「ボーイ・ミーツ・ガール」とか「世界の変革」とか、起承転結のストーリーや大げさなお題目である必要は、必ずしもないんだよ。
たとえば戦隊ものとか勇者シリーズとかって、「世界を救うヒーローがかっこいい」「変身かっこいい」「ロボットがかっこいい」ていうのがメインコンセプトでしょ。何が敵で、世界がどう救われるかは、コンセプトとしてはその次なわけ。
アニメで何をいちばん描きたいか、がはっきりできればいい」

カートは手元の表に「作品コンセプト:銀髪剣士がかっこいいアニメ」と書きました。
カート
カート
「具体的には、「武器、技、キャラデザがかっこいい」「声がかっこいい」ことが必要になるね。
声必要ということは声優をやってくれる人を探さなくちゃならない。脚本には銀髪のひとのキメゼリフをいれる。それから、画面の密度が高くて、枚数はすくなめで、技とバトルシーン以外はほとんど紙芝居でいい。
そういう分析になりましたが如何?」

ナナハ
ナナハ
「異議ありませーん」

カート
カート
「よろしい。
で、制作期間は4ヶ月だから、今の部員数2名+αで長編大作は無理だね。ほとんど紙芝居だとしても、せいぜい5分が限界かな。バトルアクションだけ作ってミュージッククリップ風にするのも手だけど、すると、声はあんまりいれられないね。CM風なら可能だけど......どうする?」

二択になりました。
・5分ぐらいのストーリーもの。
・ミュージッククリップ風もしくはCM風のもの。
ナナハ
ナナハ
「ミュージッククリップとかCMとかだと、1本つくったって感じがしないとおもうの」

カート
カート
「......ほんとにいいんだね、そんな理由で決めても ^^;;;」

ナナハ
ナナハ
「うん」

カートは、手元の表に、「ボリューム:ストーリーもの(約5分)」と書きました。
ナナハ
ナナハ
「で、先輩は今度は、何書いてるんです?」

カート
カート
「よくぞ聞いてくれましたナナハさん。これはね、僕の......」

第4話に続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - マインドマップは望みを映す RSS mailform

見る

▲このページを読み返す

次に書いたページ  僕の五枚企画書・アニメ編

前に書いたページ  どんなアニメを作るの?

このページのタグ

関連するページ
関連する本
このページへリンクする


このページへトラックバック

※ このページに言及してない記事からのトラックバックはSPAMとみなして削除します。
※ 管理人が承認するまでトラックバックは表示されません。

コメントする

あにめはっく.jpとは?
イラスト等の講座サイトです。
個人でやってます。
本館は 銀の月動画計画

玉英って誰?
アニメ作ったりイラスト描いたり
プラグインやフォントや素材作ったり
色々してる謎の人です。
プロフィール

■無料フォントダウンロード等
よく訓練されたフォント屋
■背景素材・絵コンテ用紙等
よく訓練された素材屋@あにめはっく.jp
西洋ファンタジー風誤変換人名辞書データベース もめいよふ オンラインボイスの総合カタログ VoiceFL@G▼
■参考サイト リンク集
アキツセントラルTV
■作品のサイト
超法戦隊S.T.7
霊珠

玉英/ザラスドットコム作品一覧

参考書籍等紹介

おすすめ一覧

リンク・RSS

リンクはご自由にどうぞ。

相互リンクご希望の方

このサイトは、次のライセンスで保護されています:
CCライセンス■表示-非営利-継承
クリエイティブ・コモンズについて

購読する このブログの読者になる

QRコード モバイル版こちら

作品購入

このサイトのバナー
Powered by Movable Type 4.01