液タブの上にキーボードを置きたい

Wacom Cintiq 22 (DTK2260K0D)に自作キーボード置き場つくる

イラスト用大画面液晶ペンタブレットとキーボードの位置関係、悩ましい問題です。



経過の話は無視して現状のキーボード台についてだけ見たい方はこちら



これまでどうしてたのか?その① Cintiq 12WX時代

私が初めて買った液タブは Wacom Cintiq 12WXでした。
まだ自分で線画描いた絵での仕事はしてなかった頃です。塗り仕事はしていた。
12WXの前に使っていたのは小さめの板タブです。

Wacom Cintiq 12WX

windowsXPむっちゃなつかしいな


それまで線画は紙に描いてスキャンしていましたが、
Cintiq 12WXの導入ではじめてデジタル直描きで線画が描けるようになりまして、
絵作業がデジタルだけで完結できるようになりました。
液タブすげえ。

12WXはサイズも小さいし重くないので
本体にくっついてるスタンドで机の上に立てて使っていたようです。
作業内容に応じて置き場所を変えていたと思います。

Wacom Cintiq 12WX時代の机の上(初期)

あきらかに別の目的で撮られたとおもわれる写真に映り込んでいた液タブ・キーボード・モニタ

この写真では液タブを左に置いてますが、たしか液タブ使用時は液タブを中央に置いて、キーボードは左側とか奥に置いていたんじゃなかったかな......うろ覚え


Wacom Cintiq 12WX時代の机の上(後期)

これは2012年くらいの写真
右にあるのは感圧式のタッチモニタ。IllustStudioとかClip Studio Paintを使い込んでいくうちに、12インチだと横幅が足りないな......と右側にパレットを追い出すために買ったやつですね。
この頃は15インチぐらいの液タブが欲しいなーと思ってました。いまなら Cintiq 16 に相当する感じのが欲しかったですね
めっちゃ安く買えるようになっていい時代になりましたね。



これまでどうしてたのか?その② Cintiq 21UX時代

2013年頃に買ったのが Wacom Cintiq 21UX の古いやつ(DTZ-2100A/G)です。
21UXは何世代かあるんですが、なかでも早い世代のやつで
表示範囲外の表面パネルにヒビが入っていたけど機能には問題ないのを中古で安く買いました。
12WXより見た感じの解像度が粗くて、消費電力が多く、発色があまりよくないという欠点はありましたが、
物理的なデカさをとって正解でした。パレットいっぱい置けるし。
このサイズに慣れてしまったので、今後、これより小さい液タブは買わないと思います。

Wacom Cintiq 21UX

※ 虹色に映ってるのは、ステンレス芯対策で
  保護フィルムにさらにPET板を重ねて貼っていたせい
  肉眼ではほぼ透明に見えていました。


で、この大きさになると、キーボードの置き場所が問題になってきます。
適当に置いていると手が届かなくなるので。

最初期には、トマトジュースの缶2本の底におゆまるくんを詰めて重くし、その上になにかを渡したのを
液タブの奥に置いて、その上にキーボードを載せていたような記憶がありますが、この時代のは写真が残っていません。



次にやったのはこんなかんじ

デスクファンでキーボード台

(↑この写真に写ってる液タブはCintiq 22ですが)
材料はテーブルクロスにするようなビニールクロスの薄手のやつと、ホームセンターで防振防音コーナーとかにおいてあるウレタンスポンジ的なやつと、それをくっつける用の両面テープ 足パーツは山善のデスクファン2つ


デスクファンを下に置いたのは、古い21UXは発熱がひどくて特に夏はめっちゃ暑かった、
という事情があったからですが、高さと形状がしっくりはまって
なかなか安定していたので最近まで使っていました。

デスクファンでキーボード台(使用イメージ)

デスクファンでキーボード台(椅子後方から)


いずれちゃんとした台を作ろうと思って仮のまま延々使っていた状態なので
ちゃんとした写真を残してなかった(上2枚は動物ぽんぽんを撮影した中から発掘した写真)



これまでどうしてたのか?その③ Cintiq 22(2019年-)

21UXはよくもちこたえましたが、さすがに色のダメさに限界を感じたりなどしたので
2019年に今使っている3代目液タブ、Wacom Cintiq 22 (DTK2260K0D)に買い換えました。
製品名にPROのついてないモデルとはいえ、最初に買った当時の
Cintiq 12WXと同価格帯で22インチが買えるようになったとは......
文明の進歩よ

Wacom Cintiq 22時代(初期)

21UXよりも高さが若干低くなった(縦横比がスクエアからワイドになった)ので
改造が必要かなと思ったのですが
スポンジの高さなどを若干いじった程度でよかったので
この状態になりまして

デスクファンでキーボード台

(※↑3枚上の写真と同一)
(21UX時代はスポンジがもう1枚多かったのを減らした感じ)


2年ちょいくらいはこの状態で使っていたのですが
Cintiq 22は全然発熱しないのでデスクファンを置いている意味がなくなったので
ファンを撤去し、
そもそもファンの上に置いていたの仮verだったのを思い出して
いいかげんちゃんとキーボード台を作ろうかなあ......と
机の上に無駄にものがあると埃が溜まるなあとも思っていたので



というのがこれまでの流れ
ここからが最近(2021年末-2022年初)の作業環境改善の話



↓ 記事はまだ続きます。

その④ 椅子換えたので環境改善が急務に

21UX → Cintiq 22 は液タブのサイズ感があまり変わらなかったので、他の配置はほぼそのままでよかったのですが
マウス置き場の記事 にも書いたとおり、椅子を買い換えまして
これまでの椅子より座面の高さが低くなった為、これまでの配置では支障が出てきました。

これまでは メインモニタ-キーボード-液タブ-(自分) と縦一直線に並べて
何するにもこの配置でやってたのですが......

デスクファンでキーボード台(椅子後方から)


目線が低くなったことで、定位置からメインモニタの下が隠れて見えないようになったのです。大問題。
(↑の写真は旧椅子)



そこでまず、モニタアームを1段延長して液タブをより手前に・
高さも低くできないかと考えました。

アームはこれ(元々アルミ色使ってたが黒verも買って、アルミ色はメインモニタ用に転用した)
LX デスクマウントアーム  (エルゴトロン)
エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム アルミニウム 34インチ(3.2~11.3kg)まで対応 45-241-026 (Amazon)

買い足した延長パーツ
エルゴトロン LX デスクマウント 延長用アーム アルミニウム 45-289-026 (Amazon)

アーム延長前と延長後の机との位置関係


アーム延長前の液タブ位置はほぼ机の上って感じだったのが、だいぶ手前に出ました
体に近づいたのはよいのですが、液タブ面に手をついて作業したりすると、若干アームのしなりが気になります。
そこでモニタとの接合パーツの下にゴムブロックを敷いてみました。

光 ゴムシート黒 50×100×150mm GR50-151 (Amazon)
光 アイテック ゴム板 10×100×100 00872959-1 KGR10-10 (Amazon)

アーム下のゴムブロック

体重をかけるような使い方をしたら液タブ面が割れそう感はありますが(そこはアーム関係ない)、
絵描き時に手をついた程度なら気にならない程度の
安定感は得られました。
ふつうにゴムの塊なので、買いたてはゴム臭がしますがそのうち臭わなくなります

なお映り込んでいる円形の白いのはおゆまるくんを缶の底に詰めたときの残骸
今はメインモニタの下に敷いて移動時に机に激突するのを防ぐのに使っている



これで液タブ位置が若干下がったので、
キーボードを液タブの上に置くのをやめればモニタが見えるようになるかなと思い
机にキーボードスライダを設置し、キーボードを液タブの下側に移動してみたのですが、

・キーボードを全然見ないで打つのむり......(ブラインドタッチはできるが、キーボード自体の位置がわからん)
・絵作業時にむっちゃショートカット使うんだけど液タブ上の位置で覚えてる......
・ショートカット使いながらペンも使うからやっぱキーボードは上じゃないと......

となり、再検討



かといって元のキーボードをそのまま上に置くとモニタが見えないので、

・液タブの上に置く用のキーボードは別途小さいのを購入することにし、
・今まで使ってたキーボードとキーボードスライダは液タブ下でなく左側に設置して
 絵以外での作業時に活用

することにします。(blog作業やってる今まさに活用してるところ)

旧マウステーブル


キーボードスライダはこれ
キーボードスライダー 後付け デスク クランプ フルキーボード マウス収納対応 高さ調節 幅70cm 100-KB008の販売商品 | 通販ならサンワダイレクト
サンワダイレクト キーボードスライダー 後付け クランプ フルキーボード マウス収納対応 4段階高さ調整 Lサイズ (※設置サイズご確認ください) 100-KB008 (Amazon)

膝にギリギリぶつからない程度で、テーブルとの間隔も空きすぎず、キーボードの脚をたたむと机の下にギリギリ収納できるくらいの高さ感が欲しかったので調節できるこれにしました。



液タブ上に置く用として購入したキーボードはこれ

ミニキーボード ロジクールK230を箱の上に乗せた図

ロジクールK230コンパクト ワイヤレス キーボード (ロジクール公式サイト)
ロジクール ワイヤレスキーボード K230 キーボード ワイヤレス 静音 無線 薄型 小型 テンキー付 Unifying 国内正規品 (Amazon)

ミニキーボードというほどミニではないですが少なくともこれまでつかってたREALFORCEよりは小さめ
テンキーレスにすることも検討したのですが、液タブ上に置いて絵作業で使うとなると数字入力は多いし、なにより
クリペのショートカットでInsert・Home・PageUp・PageDownとかFいくつとかむっちゃ使うので
そこらへんのキーがちゃんと搭載されていてかつ縦幅の小さいキーボード
という観点で選びました。
できればキーの並び方もREALFORCE寄りがよかったんですが、その並びと小ささは両立しないので、やむなし
慣れるしかないですね。

買った時点では有線でも無線でもどっちでもいい(無線ならBluetooth以外で、電池は単3か単4)と思ってたのですが
いざ載せてみると無線じゃなきゃだめだな......と ケーブルむっちゃ邪魔だった
あとから液タブのケーブルも公式添付されてるのより長いのを買ってアームに格納しました。すっきりした。



作りたいキーボード置き場(台)の条件を確認するため、とりあえず液タブ奥にキーボードを置き直してみます。

ミニキーボード ロジクールK230を仮置き


一番シンプルな台の考え方
台になるもの(箱)を置いて、(メモ帳で高さ調節して、)
その上に傾斜をつくるためゴム製のドアストッパーを置いた上にキーボードを置いています。

この置き方は安定感はあるのですが、

・液タブの傾きを変えた時に追随しないので、キーボード位置の微調整しなおし必要なのがウザい
・液タブのフチ部分の余白が邪魔、表示部分ギリギリまで手前に置きたい(手を伸ばす距離をなるべく短くしたい)
・液タブ裏に下まで台があると、埃がたまって掃除するときに台をよけるのがだるい・
 液タブ使わない作業を横でしてる時に余計な物体が目に入るのがウザい(台の体積を減らしてすっきりさせたい)

といった不満がありましたので、主にこの3点を解消した、
液タブ本体にくっつける形の台を作るのを今回の目標とします。



世の中にはキーボードを液タブに直接両面テープで貼り付ける、という方法をとっている方もいるようですが
液タブを大きく動かす時などにすぐ取り外せるようにしたいので、今回は採用しないことにします。



まず考えたのは、針金または板金のブックエンドを曲げてフック状にして引っ掛けて吊す方法
綺麗に曲げるのが面倒・針金は安定感なさそう・本体を傷つけそう なのでやめましたが

ブックエンドを使ってどうにかしたい方向けにとても参考になるサイトはこちら↓
100円じゃないけど液タブのキーボード置き場を作ろう | きこログ
枢やな_Staff@toboso_official 先生の2017年11月13日のツイート


次、こういう透明なカードスタンドが手元にあったので
これで吊り下げるとかできれば簡単かなあと思ったのですが......

カードスタンド(小)3つ

カードスタンド(小)3つにキーボードを載せてみた図


Citiq 22 は上面のフチが狭すぎるので、表示部分にかぶってしまいます。
あとミニキーボードの下端に遊びがなくすぐキーがあるので、受け部分がとてもじゃま。
すっきり形状もよしあしですね。
なるべく画面が隠れない方法を模索しましょう。

また、この状態で上側のキーを押すと向こう側に傾いて落ちそう、という欠点も。
力のかかる向きを考えてどうにかしよう。



下側をひっかけるのがナシとなると、何かの板を台座にして両面テープでくっつける感じかな?
と思ってよさげな物体を探して、サイズ的によさそうだなーと思って買ったのがコレ

プラス アクリルL型カード立て CT-100L

アクリルL型カード立て

プラス カード立て アクリル L型 W300×D50×H105mm CT-100L 62-208 (Amazon)

似た感じの商品の中で一番デカそうだったやつ
ミニキーボードの高さがほぼぴったり、幅がちょっとだけ小さくて横にはみださないところも良し

そのまま液タブに引っ掛けてみると、こうですが

アクリルL型カード立てを液タブに載せた図


コレにミニキーボードを載せたのを、アームとか何かごにょごにょして仮置きしてみると、こう

プラ段に仮置き


何かごにょごにょの部分に安定感を出せれば、かっこいい感じになるのでは。
この方向性でいくことにします。



ところで、世の中の人はどうしているのか

世の中にWacom液タブを使ってる人はいっぱいいるはずですし、私の使ってるCintiq 22 も人気機種の筈なので、
こんなに右往左往するまでもなく
既製品を売っていたり、先人のレシピが存在するのでは?
と思ったのですが

人によって背の高さや腕の長さが違うので求める要素が違ったり、
惜しいが許容出来ない不満点があったりで
結局自作したわけですが、

多分買った方がいいって人の方が多そうなので紹介しておきます。
私も次の機種に買い換える時には買うかもしれないので備忘録として



まずはこちら
割と真剣に購入検討した台
CinTweak Keyboard Trays for use with Wacom Cintiq 22HD Tablets
形状かなり好み、サイズのバリエーションもあって、Cintiq 22以外向けのもあります
不満点は傾斜が完全に液タブと同じなこと
作者が外国の方なのでやりとり発生したら不安かなってところくらいですね。



次、エキボード22 - ND-COCO - BOOTH
エキボード22

廉価でシンプル、私が元々使ってたデカいキーボードも載りそうな台。
はめこむだけで装着できるいいのもポイント高いですね。
不満点は私の優先課題がメインモニタが見えるようにするという点だったのでミニキーボードにしてしまったので
長すぎて視界を遮ってしまうのがマイナス

なおこれに似たようなのをスチレンボードで自作してる方もいらっしゃって、材料が廉価なわりになかなか良さそう。
工作の得意な方は参考にするとよいかも
【ワコム液タブ】液晶タブレット Wacom Cintiq 22 FHDにキーボード台を作る!【イラスト制作機材動画】
グラフィック薄氷大魔王[507]「キーボードの置き場所問題」他、小ネタ集/吉井 宏 - 日刊デジクリ



次、 Mt.west Studio さんのやつ
新発売!Cintiq 22FHD dtk-2260用 キーボード台 | Mt.west Studio
かっこいいんですがちょっとキーボードまでの距離が遠いのと、上側に高いのと、
アームを机のむこうから伸ばしているのでこの形状だと
液タブの角度によっては干渉するのでは......という懸念から購入に至らなかったもの

しかしVESA穴を利用して固定するという考え方はとても参考になりました。



ここからは売っているものではなく他の方がDIYした様子


浜田よしかづ先生の場合(Cintiq22ではなくWacom Cintiq Pro 24)
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6224707
液タブスタンド自作の動画
かなり大がかりで、液タブをアームじゃなくて自作の板状のスタンドに載せ、
その板にキーボード台も固定しているもよう
なかなか真似するのは難しそうだが、方向性の参考にはなるかも


漣ミサ先生の場合(こちらも、Cintiq22ではなくWacom Cintiq Pro 24)
簡単自作液タブスタンド(CintiqPro24用)の作り方【漫画・イラスト作業環境レビュー】
こちらもスタンド自作の例ですが、工具を使わず素人でもできる感じなので
とても参考になります
この記事を見てキーボードを下置きにしようと思ったんですが、私には合わなかったのでやめた。残念。


キーボードアームを使う、という発想
液晶タブレットとキーボードの共存方法 | 萌えるパノラマ島
こちらをみて、キーボードスライダの導入を試しました。液タブ用としてはうまくいかなかったが......。
液タブ上のも横や後ろからアーム+トレイでいけないかな......とも思ったのですが
邪魔感が台を置くのと大差ないな......となってやめました。
参考になった。


大型クリップで挟んでお手軽に
吉井宏@hiroshiyoshii さんの2021年12月23日のツイート
Cintiq 22は左側にケーブルの差し口があるんでそっちはクリップでも挟めるんだけど、
私がキーボードを置きたいのは右側なので、この方法は使えなかった。


3Dプリンタでクリップ状のキーボード設置用アタッチメント(小型)を自作した猛者(Cintiq 22ではない)
とに@to3tai さんの2017年10月3日のツイート
これめっちゃほしい 3D勉強しようかなとちょっと思った


細長い板状の取付金具などの組み合わせでアタッチメントを自作するという方向性
3 - 180524 液タブ上部にキーボード置き場作ってみた 最終決定版
一番参考になった記事。
この記事を見たのがVESA拡張プレートを買った後だったのでこの記事のような感じにはしなかったが、
先にこれを読んでいたらこの通りに作っていたかもしれない。
不満点はキーボードが液タブ面と同じ角度であることと、液タブ画面にちょっとパーツが出っ張ってること。

こちら ↓ も金具の組み合わせで台を作るという方向性の記事。(Cintiq22ではなくWacom Cintiq 24 HD)
Cintiq24HDのキーボード置きを改良する | SLUG'S UPPER



ここからが現verのキーボード置き場の実作業の話

液タブに限らず、モニタ背面にはアームに装着する時に使う用の
VESA規格のねじ穴が空いていることが多いです。

VESA規格って何?初心者でもできる液晶ディスプレイアームの設置 | IODATA アイ・オー・データ機器


メインモニタの上に棚を設置する商品を探していたとき、おおむね上にひっかける形のが多い中、
VESA規格の穴を使ってねじ止め固定する(VESAマウント)商品も見かけました。
メインモニタ用にはその棚は結局買わなかったのですが、VESA対応で背面にくっつける便利グッズ意外と多いなと、
モニタ上に置く棚の他にも、小物入れを吊したり、スピーカーを載せる台などが既製品として売られている
こういうのをベースにして色々組み合わせればキーボード置き場に応用出来るのでは? と思いまして



液タブのVESA穴はアーム固定に使うのでそのままだと塞がってしまうので......

液タブ背面のVESA穴



まずVESA規格穴の空いた金属プレートを左右に増設するパーツを購入

VESA規格増設プレート ダブル

長尾製作所 NBROS JAPAN -VESA規格増設プレート ダブル-
長尾製作所 VESA規格増設プレート ダブル NB-VS7510PLUS-W (Amazon)

これをアームと液タブの間にかますようにして設置します。
ねじは増設プレートにM4ねじが付属している

VESA規格増設プレート ダブル を設置した状態




VESA拡張パーツから棒状の金具を延ばすことを考えていたので、
手持ちのプラ段でそれっぽい仮パーツを作ってサイズ感を計ります
プラ段は普通のハサミで切って普通のパンチで穴あけただけ
3本作って、さっきつけた増設プレートのネジ穴にとめ、表から見た状況どうなるかチェック

プラ段で寸法感をはかる

3本にしたのはミニキーボードの幅的にこれくらいがちょうどいいかなと
で、この上にキーボードを仮置きしてみたのがさっきのこの写真

プラ段に仮置き

何かごにょごにょ=増設プレートとプラ段の仮パーツ



で、このプラ段部分を、 このサイト↓
3 - 180524 液タブ上部にキーボード置き場作ってみた 最終決定版
等を参考に、金具の組み合わせで置き換えようと思って
Amazonやらヨドバシやら金具屋の通販サイトなどを見ながらあれこれ検討したのですが、



もう1枚VESA拡張パーツをかましたほうが安定しそう&シンプル&
金具の組み合わせと比べて価格もそんなにかわらない
気がしてきたのでこちらを購入

VESA規格 増設プレート

長尾製作所 NBROS JAPAN -VESA規格増設プレート-
NBROS VESA規格 増設プレート [ 75mm×75mm / 100mm×100mm ] NB-VS7510PLUS (Amazon)

これを付属ネジ(と手持ちのワッシャー)で
さっき増設したプレートの(液晶面がわから見て)右側に、
上側に増設するように取り付けます。

VESA規格 増設プレート を取り付け




上に伸びた2枚目の増設プレートの穴に
長めのM4ねじを突っ込んでボルトで止めてみます。

VESA規格 増設プレート にねじを立てる

それにさっきの アクリルL型カード立て をのせたのがこちら

VESA規格 増設プレート に立てたねじにアクリルカード立てをひっかけてみた

あら、ぴったり



ミニキーボードの下面はそのままキーになってるので、フックとかあると邪魔なので
アクリルカード立てに両面テープで貼り付けるわけですが
アクリルをそのまま液タブにのせるのは傷がコワイ

滑り止めシールを買ってもよいのですが
前verでつかったビニールクロスがあったので
綺麗に拭いて再利用することにします

ビニールクロスにミニキーボードを直接両面テープでとめて
そのビニールクロスでカード立てを巻いてテープで止め、
これで液タブ側、ねじ側ともに
傷つき防止&ビニールクロスによる滑り止め効果も期待できるというねらい



キーボードとアクリルカード立ての大きさ比較

キーボードとアクリルカード立ての大きさ比較

ちょっとキーボードのほうが大きいですが、キーボード裏面にの端っこに電源スイッチがあるので
これは好都合です


キーボードと同じ幅くらいにビニールクロスを切って、
アクリルカード立てを巻いて、ビニールテープで留めます。

ビニールクロスはテーブルクロス用のもので、
買った店の品揃えのなかで厚みが一番薄く、表面サラサラ処理されていない(滑り止めになる)ものを
買った記憶があります。

ビニールクロス巻いたアクリルカード立てを仮置き



キーボードの裏面に両面テープを貼ります。

キーボード裏の形状を確認

キーボード裏面

完全に真っ平らではないが、上・中・下に厚みのあるテープを貼れば固定できそう

キーボード裏面厚手両面テープ

まっすぐに貼ります
電源スイッチがある部分は両面テープを避けて、アクリルカード立ての外になるようにして
オンオフできるようにします。
あとで電源部分はビニールクロス切り取りました。


いちおう「強力に固定!きれいにはがせる!」をウリにしているテープを使っていますが
最悪はがれなくてもいいや、キーボード壊れるまでこのまま使おう、というつもりでべったり貼り付け


使った両面テープはこれ

ニトムズ はがせる両面テープ 強力固定用

はがせる両面テープ 強力固定用(厚手) | 製品情報 | 株式会社ニトムズ
ニトムズ はがせる両面テープ 強力固定用 T3951 20mmX2m (Amazon)



貼れたので置いてみます。

液タブ作業メインの場合の作業環境


横・斜め裏から見たキーボードスタンド(仮)

上から見たキーボードスタンド(仮)


使用時の角度だと台がほとんど見えないのもなかなかポイント高いですね。

左側に増設プレートをもう1枚つけることも考えたのですが、
キーボードを右側に置いているぶんには1枚で充分だったのと
液タブ以外の作業をやってるときに視界に入って邪魔そうなのでやめました。


これで
とりあえずクリペとかphotoshop作業が普通にできるレベルで安定したので
この状態で2ヶ月くらい使ってみました。

続きます。



裏側のねじ部分のホールド性能を改善する

そこそこ揺れても落下しないだろうな~くらいには安定していていい調子なんですけど、
液タブを動かした時のはずみなどで
ちょいちょい左右にブレたり、表示範囲に微妙にずり下がったりがあるので
もう一手間加えてみようと思います。



どこをどう改善したいのか

現在、アクリルカード立て が ねじ部分 によってどういうふうにホールドされているかというと、

横から見たキーボードスタンド(仮)

こうなんですが、ビニールクロスの端がじゃま&立体感でよく見えないので雑な図にすると、こう

横から見たキーボードスタンド(仮) を図にしてみた


おおむねこんなかんじ
右側・左側各々、

下のねじのナットとナットの中間の1点と、
上のねじ上端の1点、
2点ずつ(赤丸の部分)で支えられている感じ
下のねじはねじ溝とビニールクロスの摩擦、上のねじもねじ先とビニールクロスの摩擦
でホールドされている

ねじ(鉄)とビニールクロスの摩擦でひっかかってるだけの状態なんですが、
これでも意外と落ちないなとは思いましたが(キーボードが軽いからということもある)、


・ねじが無駄に長すぎる
・下のねじのもうちょっと下でホールドしたい(キーボードの傾斜をもう少し上向きにしたい)
・アクリルカード立てとの接点をゴムかビニールにしてホールド力をupさせたい


といったあたりを改善したいので
いろいろパーツを買ってみました。



ゴム平パッキン
金属板を傷めずにボルトをきつく締めたり、何枚かねじの根元にかますことでアクリル台をホールドしたりできないかと思って購入

ゴム平パッキン

EA949SW-4|10x 4x1.5mm/ M4 ゴム平パッキン(30枚)のページ - MRO商材なら【エスコ】の通販で
ESCO エスコ EA949SW-4 [10x 4x1.5mm/ M4 ゴム平パッキン(30枚)] (ヨドバシ通販)


軟質塩化ビニル製ねじキャップ
上側のねじの先端につけてホールド力を高められるのではないか?

軟質塩化ビニル製ねじキャップ

大里 557-621 [ねじ先端キャップ 黒 M4 (4)] (ヨドバシ通販)


防振ゴム(めねじ)※同じものを2個購入
下側のねじの先端につけてホールドできるのではないか?(ねじを短くする必要ありますね)

防振ゴム

ELESA エレサ VD5-1010M4 防振ゴム(片側メネジ) (ヨドバシ通販)


あとこれは買ったパーツではないが、
ハードディスクを分解してゲットした四角い防振ゴム
ねじの根元用かな?

HDDを分解してゲットした四角い防振ゴム


別の目的で買った幅広輪ゴム
左右のねじに横に渡してどうにかできないだろうか

ゴムバンド

ゴムバンド No1502 (Amazon)



全部使ってみた

キーボード置き場現ver


キーボード置き場現ver のメモ

すべてのねじのプレート上下にゴムワッシャーを挟んでがたつきを抑止
下のねじは仮verの40mmから25mmに変更したが、それでも長すぎるので下の面のゴムワッシャーの下に更にHDDから取り出した四角い防振ゴムをかますことで長さを調整
キーボード台の傾斜をもっと上に向けるには上のねじを少し短くするべきかと思って試してみたが、短すぎるとホールドせずすっぽ抜けるのでこの長さで
下のねじの金属部分にアクリルカード立ての先端があたるのはかわらなかったので滑り止めとして太い輪ゴムをかけてみた
という感じ

キーボード置き場現ver の図




ホールド感についてはこれで改善できました。
強く揺れても落ちないし、ちょっと上に引っ張っただけでも持ち上がりません。ちょっとやり過ぎ感もある。
正しい角度でごそごそしないと取り外せない。(うまくやれば取り外せる。)
狙い通りです。


ちょっとずり下がる件についてはねじ部の材質とか長さの調整だけでは解決しませんでした。
ねじ穴の位置がもうちょっと上だったらぴったりだったのですがそこは調整できないし。。。
位置を液タブの表示位置にぴったりさせるためにちょっと上に吊っている感じなので、
キーボードが液タブに対して若干浮き気味になっていて、
文字入力するときは下に向けて力がかかるから問題ないけれども
手で触った時などには、ビニールクロスの粘着力だけではずり下がることがあるのですね。
自然に落ちてくる感じではないんだけれども



どうしても気になるようなら、これは
台の裏側を加工するしかなさそうですね。
滑り止めシートでも貼るか、もしくは段でもつけて液タブに引っ掛けるような感じにするか......?


こうかな

キーボード台の裏にスポンジゴム


前バージョンのキーボード置き場で同様に使っていたスポンジゴム的なやつを両面テープで貼り付け

シンプルな構造というコンセプトからどんどん離れていくようなきがするが、しかたない



とりあえず、今回はこれで完成とします。

作業環境全景

キーボード置き場以外にもいろいろいじった。



今回のこれはたまたまVESA増設プレートがCintiq 22のサイズに適合したからよかったけれども、
他サイズのに買い換えた折にはどうするのかなぁ まあそのときはそのときかなあ



購入検討したけど買わなかったプレート

MR-VESA7【モニター裏収納 VESA取付けプレート(大)】モニター裏の機器設置に最適なVESA取付けプレート・大。 | サンワサプライ株式会社
サンワサプライ VESA取付けプレート(大) ディスプレイ背面に小型機器を設置 耐荷重1kg MR-VESA7 ブラック (Amazon)

穴がいっぱいで調節しやすそうと思ったが、購入したやつのほうが
大きさがちょうどよさそうに思えたのであっちにした



このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 液タブの上にキーボードを置きたい RSS mailform

見る

▲このページを読み返す

次に書いたページ  CLIP STUDIO PAINT アプデに伴ってUIレイアウトが崩れた話

前に書いたページ  左手用マウステーブルをつけかえた件について

このページのタグ

関連するページ
関連する本
このページへリンクする


このページへトラックバック

※ このページに言及してない記事からのトラックバックはSPAMとみなして削除します。
※ 管理人が承認するまでトラックバックは表示されません。

コメントする

あにめはっく.jpとは?
イラスト等の講座サイトです。
個人でやってます。
本館は 銀の月動画計画

玉英って誰?
アニメ作ったりイラスト描いたり
プラグインやフォントや素材作ったり
色々してる謎の人です。
プロフィール

■無料フォントダウンロード等
よく訓練されたフォント屋
■背景素材・絵コンテ用紙等
よく訓練された素材屋@あにめはっく.jp
西洋ファンタジー風誤変換人名辞書データベース もめいよふ オンラインボイスの総合カタログ VoiceFL@G▼
■参考サイト リンク集
アキツセントラルTV
■作品のサイト
超法戦隊S.T.7
霊珠

玉英/ザラスドットコム作品一覧

リンク・RSS

リンクはご自由にどうぞ。

相互リンクご希望の方

このサイトは、次のライセンスで保護されています:
CCライセンス■表示-非営利-継承
クリエイティブ・コモンズについて

購読する このブログの読者になる

QRコード モバイル版こちら

作品購入

このサイトのバナー
Powered by Movable Type 4.01