CLIP STUDIO PAINT ワークスペースのカスタマイズ

イラスタ信者のためのCLIP STUDIO PAINT その1

さて、あにめはっく.jpの更新をだいぶサボっていた訳ですが、
その数年間に私は
wacom cintiq 12wxを買ったり、絵の描き方を根本的に見直したり、
イラスタ信者になったりと
いろいろあり、過去記事を見るとわりと冷や汗が出るのですが
過去記事については追々直していくこととして......

CLIP STUDIO PAINT 発売ということで
イラスタ信者としては記事を書かねばなるまい
と、更新を復活してみた次第です。


機能についての解説......とか
絵の描き方に主眼を置いた使い方メイキング......とか
そういうCELSYSソフト初心者向け記事も書いてみたいとは思ったのですが、
ま、そういうのは他の人もやってるでしょうし、
公式ページがきっと充実していくと思いますので、

私は私好みにワークスペースを改造した話について書くことにしました。
他の方へ手順を伝えるいわゆるhowtoというよりは、
私はこんな風にしたよ、という記事になっております。



あ。前提として、
私はIllustStudio、ComicStudio EX、RETAS STUDIOを持っている
訓練されたセルシス信者です。
今回発売されたCLIP STUDIO PAINT PROは無償でもらえるというので、嬉々として人柱になります。



1.インストール直後の状態。

ファイルのダウンロード場所等は省略します。

インストール方法などはわかりやすいpdfがついてくるので
不安な人はプリントアウトして見ながらやればいいと思う。


さて初回起動しました。


12インチ液晶タブレットに表示した状態です。どうも狭いですね。
必要なパレットだけ残して他のモニタに追い出すか、しまうかしたい感じです。
カスタマイズに着手する前に、デフォルトで入ってる他のワークスペースも見てみましょうか。
合うのがあるようなら、それを使えばよろしいですし。

2.デフォルトのワークスペースを見る。

ワークスペースを選択するには、メニューの「ウィンドウ」→「ワークスペース」
メニュー1


すると、「イラスト」「コミック」「カテゴリ別」と3つから選べるようになっています。
メニュー2


それぞれはこんな感じ
「イラスト」ワークスペース

おそらくSAIを意識したと思われるであろう配置。私はSAIは合わなかったのであんまり記憶にないのですが、多分こんなかんじだった。うん。


「コミック」ワークスペース

モノクロイラストを描くことを意識したレイアウト。色選択系が必要ないのでしまって、ストロークやブラシサイズの調整、トーン素材なんかの機能を多めに使う人用といったかんじでしょうか。


「カテゴリ別」ワークスペース

ツール類を極力しまって、作業領域を広くとったレイアウト。Photoshop CSxを意識したレイアウトでしょうか。

予想通りどれも私の好みではないので、ワークスペースを改造します。



3.コンセプトを決める。

・カラーイラストを描くことをメインに考える。
 (モノクロイラスト・コミックについてはEXが出てから追って考える)
・作業領域は広めに欲しい。
・色はカラーセットから選び、カラーサークルで調整する。
・色系およびブラシサイズのパレットは右側に置きたい。
・よく使うツールは1クリックで選択できるようにしたい。(←最重要

......というあたりが重視したいポイントであるわけですが、
これまでイラスタでイラストを描いてきてますので、
どういうパレット配置なのか、既に具体例ができておりまして

ずばり、こういう感じにしたい。↓(※イラスタのキャプ。)


これが再現できることが理想です。
(イラスタのデフォルトってどんなのでしたっけ、忘れました)

↓ 記事はまだ続きます。

4.パレットを移動、表示/非表示。

一番近いのは多分「イラスト」ワークスペースなので、それ表示してから
カラーサークルのパレットを右側に移動したりします
パレットを移動するには、このへんをクリックしてボタン押したままドラッグすれば
パレット移動1

手を離したあたりでパレットドッグに収納されたりその場に置かれたりしますが、

このへんをクリックしてドラッグすると
パレット移動2

複数のパレットがまとめて移動され、ドッグに収納されます。
どこに吸い付くかは半透明赤で表示されます
このへんの挙動不審さがphotoshop CS.xぽい感じですが、いじってるうちに多分慣れます。



右側にカラーサークル、カラーセット、ブラシ
その左にツールパレットとサブツールパレットを配置しました。
サブツールはツールパレットの設定が終わったら追い出すので仮配置です。


レイヤーパレットは、ほんとは同じ画面内に収めたかったのですけど
1つ1つのパーツが微妙にイラスタよりデカいために入りきらず
大きな液晶タブレットを購入することも検討したのですが、けっきょく

こんなものを購入しました。LCD-USB10XB-T
感圧式のタッチモニタで、1万円台で購入できます。

ここにレイヤーと素材類、ツールプロパティパレットを追い出しました。

パレット位置以外に、
・カラーサークルは三角形(HLS色空間)に変更。
・サークルの直下のカラーコードもRGBからHLSに変更。
(イラスタではここのが起動するたびにRGBに戻るのが地味に嫌だったんですよ)
・カラーセットにイラスタで使ってたカラーセットを読み込み。
 パレットの横のタイル数が微妙に変更されてるのが嫌なかんじですが、透明色で埋めて対処。
・ブラシサイズパレットを移動&よく使うサイズ以外削除・調整。

ここまでの途中経過。



ここでおもむろにワークスペース以外の設定も変更
・デフォルト用紙サイズの変更・保存 2382×1684 350dpiをデフォルトに。
 (私が普段落書きに使ってるサイズです)
・環境設定 メモリ、ツールのカーソル等。
 鉛筆ツールの固有カーソルがペンと同じなのが違和感。これは直して欲しい......
・コマンドバー編集 png保存を削除、左右反転表示を追加、選択範囲ランチャとダブるコマンドを削除するなど。イラスタで登録できなかったのが登録できてたり、逆もあったり、定規の仕様が変わっているのにここで気づく
・ショートカットをカスタマイズ ctrl+Hで選択範囲の表示・非表示、F5でナビゲーションパレットの表示・非表示を追加。好みにより、描画色と透明色の切り替え等も設定しておくとよいかもですね


5.ツールパレットの編集。

さいしょ、ツールパレットは縦横のカラム数(表示幅)しかいじれないのかと勘違いしていたのですが
いじれました。


ツールパレット。
ツールパレット


まず、ツールパレットでアイコンをクリックしてツールを選択しますと、
サブツールパレットにこういうふうに表示が出まして
サブツールパレット
ツールを変更することができます。
カテゴリ分けもされていて大変見やすいです。


しかしこれでは、同じツール配下の複数のサブツールを切り替えたいとき、
ツールパレットをクリック→サブツールパレットのタブをクリック→サブツールをクリック
したうえでさらにブラシサイズやら色やらをクリックするとか、大変ウザいことになるではないですか。
制作チームは何を考えてんだと思いましたが......


サブツールを、サブツールパレットからツールパレットにドラッグすると、
独立したツールになるではないですか。

ツール
ふえた


あれ?これ、かなり便利じゃね?

イラスタではパターンブラシがツールセットの中に増殖して、
フォルダ分けできるにしても見づらかった訳ですが、
この仕様なら、適度に分散できるから探しやすくなるじゃん。
例えば葉っぱブラシとか、地面質感ブラシとかカテゴリ分けしておいてそこから探すとか。

イラスタブラシが読み込めるようにならないことには本領発揮できませんが......!!w


増殖したツールは、そのツールに属しているサブツールを
すべて削除すれば消すことができます。
しかし元のツールが消えてしまった場合、
どうやって復活させればいいんだろう。

また、独立させたサブツールを(UI上の操作で)
元のツールの中に戻す方法がわからない。
サブツールの書き出しをしてファイル化してから、
元のツールで読み込めばいけますけど
このへん、操作がいまいち分かりづらいので、改善を期待したいところです。



※追記

公式に解説あった。サブツールのアイコンじゃなくサブツールグループを他のツールのアイコンにドラッグすれば元に戻せるみたい。
[公式]サブツールパレットのカスタム




と、いうわけで
暫定のワークスペースはこんなかんじになりました。


こんなふうに同じアイコンがいくつも並ぶととっても見づらいので
自作の画像アイコンか、せめて色つきアイコンの実装はよ





2012/08/28 現在のキャプ(イラスタブラシ読み込み、色つきアイコン実装後の状態)を追記しておきますね


イラスタブラシ読み込み機能、
アクションの実装、
コミック系機能の強化
がどうなるかによってはここからさらに改造しますけれども
当分はこんなかんじでいこうかと思います。






さて、ここまで見てきて、実際にCLIP STUDIO PAINTをいじった方には
違和感を覚える方もいるかと思います
「なんか文字が消えてない?」
タブとか、タイトルバー部分とか、あきらかに文字がありそうなところに
何も表示されてないんですが
なんか噂ではMSゴシック以外のフォントにしてると表示されないバグだとか......
アクティブタイトルバーを
一太郎 承 プレミアムについてきた ヒラギノ 角5 ProN W6 に設定したら表示されない。
メイリオなら大丈夫だったのでとりあえずメイリオに戻しました。なんなんだろう。
.otf形式とかのフォントが表示されないっぽい。公式に報告済み。

まぁ、セルシスですし、この程度のバグはよくあることですよn

......早く直して欲しいなぁ


↑最新版では修正されています。


※カスタムサブツールのDLはこちら。

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - CLIP STUDIO PAINT ワークスペースのカスタマイズ RSS mailform

見る

▲このページを読み返す

次に書いたページ  CLIP STUDIO PAINT 参照レイヤーで塗りが捗る

前に書いたページ  PostToTwitterプラグインを導入してみた

このページのタグ

関連するページ
関連する本
このページへリンクする


このページへトラックバック

※ このページに言及してない記事からのトラックバックはSPAMとみなして削除します。
※ 管理人が承認するまでトラックバックは表示されません。

コメントする

あにめはっく.jpとは?
イラスト等の講座サイトです。
個人でやってます。
本館は 銀の月動画計画

玉英って誰?
アニメ作ったりイラスト描いたり
プラグインやフォントや素材作ったり
色々してる謎の人です。
プロフィール

■無料フォントダウンロード等
よく訓練されたフォント屋
■背景素材・絵コンテ用紙等
よく訓練された素材屋@あにめはっく.jp
西洋ファンタジー風誤変換人名辞書データベース もめいよふ オンラインボイスの総合カタログ VoiceFL@G▼
■参考サイト リンク集
アキツセントラルTV
■作品のサイト
超法戦隊S.T.7
霊珠

玉英/ザラスドットコム作品一覧

参考書籍等紹介

おすすめ一覧

リンク・RSS

リンクはご自由にどうぞ。

相互リンクご希望の方

このサイトは、次のライセンスで保護されています:
CCライセンス■表示-非営利-継承
クリエイティブ・コモンズについて

購読する このブログの読者になる

QRコード モバイル版こちら

作品購入

このサイトのバナー
Powered by Movable Type 4.01